Zaifで出金先アドレスを制限する方法

仮想通貨の不正アクセスや不正出金を防ぐために、二段階認証はどなたもされていると思いますが、より安全性を高めるために、Zaifには出金先のアドレスを制限する機能があります。

出金アドレス制限をすることで指定したアドレスにしか出金ができなくなります。
制限をしておいたほうが安全性は高まるので、できる限りの対策をしておくという意味でも出金先アドレスの制限を設定しておきましょう。

アカウントの入出金と履歴から進みます。


出金アドレス制限をしたい通貨を選択します。
ここではNEMを選択して設定してみたいと思います。


出金先アドレスは制限されていません。となっています。
「出金先アドレスの管理」へ進みます。


出金先アドレスを制限しないとなっている部分をクリックします。


制限するに変わりました。

出金先アドレスを登録してみます。新規登録をクリックします。

ラベル、出金アドレス、二段階認証トークンを入力します。


ラベルはお好きな名前をつけてください。
今回はネムのナノウォレットのアドレスなのでわかりやすいように「NEMウオレット」としました。


出金先アドレスが追加されました。



関連ページ

Zaif(ザイフ)でビットコインを購入する方法、買い方
Zaif(ザイフ)でビットコインを購入する方法、買い方を説明しています。
Zaifの二段階認証のやり方とバックアップコードの発行
Zaifの二段階認証のやり方とバックアップコードの発行について説明しています。