ビットフライヤーの登録方法

仮想通貨取引を始めようと思っても実際はすぐに始められるわけではありません。

 

株取引をする際に証券会社に口座を持つように
仮想通貨取引をする際にも仮想通貨取引所に自分の口座を開設し、
購入するためのお金を口座に振り込んだりなど購入前にいくつかやることがあります。

 

そのため仮想通貨取引所への申し込み、口座開設、本人確認など
通常は数日から長いところだと現在は3週間くらいかかってしまうところもあります。

 

しかし、値動きがはげしい仮想通貨は3週間どころか1〜2週間たってしまうとがらりと相場が変わってしまうことも多々あります。

 

そこで口座開設から本人確認、取引開始までがスピーディーな取引所を紹介します。
それがビットフライヤーです。
ビットフライヤーは本人確認が他の取引所に比べて早く、また本人確認が終了すればハガキが届く前に
取引が可能となるので、最短即日から取引可能です。

 

 

他の取引所はハガキが到着してからでないと取引ができないところが多く、そうすると本人確認がおわってからさらに2〜3日のタイムラグがでてしまいますので、すぐに開始したい!という方はビットフライヤーがおすすめです。

 

ビットフライヤーは日本最大級の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引を始めるならまずは最初に登録しておきたい取引所です。
ここではビットフライヤーの登録方法をご紹介します。

ビットフライヤーの登録方法

 

 

「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

 

氏名、性別、生年月日などの基本情報を入力します

 

すべての情報の入力が終わったら「ご本人情報を登録する」をクリックします。

 

これでひとまずの登録は完了ですが実際に使えるようにするには本人確認資料を提出する必要があります。

 

次に本人確認資料を提出します。

本人確認資料の提出

提出書類を選択します。

 

現在、ビットフライヤーでは
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・在留カード

 

が本人確認資料として有効です。
それぞれの資料により指定された部分(運転免許証なら裏表、パスポートなら写真と住所のページなど)をスマホやカメラなどで撮影し、アップロードします)

 

関連ページ

ビットフライヤーの本人確認書類。健康保険証はOK?登録にかかる時間はどれくらい?
ビットフライヤーの本人確認に有効な書類。健康保険証での登録は可能?登録にかかる時間はどれくらい?なのかについて解説しています。
ビットフライヤーがセキュリティで世界一と評価、安全な仮想通貨取引所上位5社に選定
ビットフライヤーがセキュリティの優れた仮想通貨取引所の上位5社、世界一(1位タイ)に選ばれました。