ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインから分裂する形で誕生しました。

 

分裂時にビットコインを持っていたユーザーは保有数と同数のビットコインキャッシュが無料で付与されました。
その後、BTCへの期待感から値上がりし、2017年12月21日時点で時価総額3位につけています。
この勢いでビットコインを抜くのでは?と予想する向きもあります。

 

名前にビットコインといついていますが、ビットコインキャッシュはアルトコインです。

 

ビットコインのスケーラビリティ問題の解決を目指して誕生しました。
スケーラビリティ問題というのは、ビットコインのデータ処理速度が遅く送金に時間がかかってしまうという問題です。

 

BCHはBTCに比べて取引処理能力が最大8倍に拡大可能となります。
そのため
・送金の滞留時間の改善
・手数料の引き下げ
が期待できます。

 

BCH基本情報

通貨単位 BCH
発行上限 2100万BCH
発行年月日 2017年8月1日
時価総額 5,610億円

2020年11月23日時点

今後の見通し、将来性

ビットコインキャッシュは「打倒!ビットコイン」と、ビットコインの価格を超えるという目標に向けて動いている通貨です。
2018年1月の時点では29万円台前後で推移していましたが、2020年11月時点では3万円前後となっています。

ビットコインキャッシュを購入できる仮想通貨取引所

ビットフライヤー
コインチェック
Zaif