バイナンスにビットコインを送金する方法

バイナンスで仮想通貨を購入したい場合、日本円の入金には対応していないため、国内取引所からビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送金することになります。
あらかじめバイナンスへ送金する分の仮想通貨を国内取引所で購入しておきます。
仮想通貨はビットコインの他、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなどでも可能ですが、最初はバイナンスの基軸通貨であるBTC(ビットコイン)、またはETH(イーサリアム)がおすすめです。
国内取引所はビットフライヤー、zaif、ビットバンク、GMOコインなどお好きなところでかまいません。

バイナンスで送金アドレスを取得する

バイナンスでアドレスを取得します。

ファンドから預金を選択します。

 

通貨が出てきますので送りたい通貨を選択します。

 

ここではビットコイン(BTC)を選択します。

 

ビットコインキャッシュと間違えないようにご注意ください。

 

グーグル翻訳を使うと、不自然な日本語になることがあります。

 

以前は日本語対応していたバイナンスですが、現在はグーグル翻訳を使ってのみ日本語対応が可能です。
コインの選択でもBCC(ビットコイン現金)となっていますがこちらはBCC「ビットコインキャッシュ」ですのでビットコイン(BTC)と間違って選択しないように注意してください。

 

アドレスをコピーします。

 

このアドレスを間違ってしまうと、送ったビットコインが届かなくなってしまいますので、手打ちではなく必ずコピーするようにしてください。

バイナンスへ送金する

次に日本の取引所にログインします。(もちろん海外の取引所からバイナンスへも送金できますが、ここでは一般的な例として日本の取引所と書いています。)

 

日本の取引所であればどこでもOKです。ご自身の普段利用している取引所から送金できます。
ここではビットフライヤーを例に紹介していきます。

 

ビットフライヤーにログインし、左メニューの「入出金」をクリックします。

 

「BTCご送付」を選択します。

 

するとビットフライヤーのBTC送金画面が開きます。今回はとりあえず0.01BTC送ってみたいと思います。

 

必要事項を入力していきます。

@ラベルは自分でわかりやすい文字を入力します。「Binence」などでかまいません。
AバイナンスでコピーしたBTCアドレスを貼り付け、「追加する」をクリックします。二段階認証が求められますので、6ケタの数字を入力してください。
B送付数量を入力します。
C優先度を選択します。今回はそのまま普通で送金してみます。

 

ビットコインを外部アドレスに送付するをクリックします。

 

また二段階認証が求められますので、数字を入力します。

 

0.01BTCのビットコイン送付を承りました。と表示されました。

 

これで送金は完了です。あとは無事にバイナンスに届けばOKです。

 

手数料がかかるのでもったいないですが、初めてのアドレスで大量に送金してしまうと、失敗したとき大変です。最悪の場合はすべて消えてしまう可能性もあります。
そうならないためにもまずは、そのアドレスできちんと送れるのか確認をすることをおすすめします。

 

1回の送金で手数料が0.004BTCかかります。
たとえば1BTCが800,000円なら
けっこうかかりますので、もったいないですが、テスト送金だけは必ず行ってくださいね。

送金を確認する方法

無事に届いたかどうかを確認するにはバイナンスの画面で確認できます。

送金にかかる時間はどれくらい?

これは通貨やその時の仮想通貨の市場によって異なってきますので一概にいうことはできませんが、
早ければ数分〜1時間程度。しかし、送金詰まりを起こしている場合は長いと数日かかるということもあります。
数時間たっても数日たっても反映されないと不安になってくるかと思いますが、気長に待つしかないようです。
急ぎの場合は送金するときに手数料はかかりますが優先度をつけておくと優先して処理してくれます。

 

>>バイナンス登録はこちら

関連ページ

バイナンスで仮想通貨を購入する方法 初心者でも簡単
バイナンスで仮想通貨を購入する方法 初心者でも簡単!わかりやすく解説します。
バイナンスの二段階認証のやり方と注意事項、バックアップ方法
バイナンスの二段階認証のやり方と注意事項、バックアップ方法をご紹介します。セキュリティのために、Binanceに登録したらすぐに二段階認証を設定しておきましょう。バックアップも忘れずに!