暗号資産(仮想通貨)を始めたいけれど、まず何からやればいいの?

「ビットコインを購入したいけどどこで買えばいいの?」「どうやって購入するの?」

 

いま注目を集めている「ビットコイン」

 

興味はあるけれどなんだか購入方法が難しそう、面倒くさそうと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

でも実はビットコインの購入方法はとっても簡単です!

 

以下では初めての方でも簡単に購入できる「ビットコインの買い方」を3ステップでご紹介いたします。

ビットコインの買い方

ビットコインは「暗号資産取引所(仮想通貨取引所)」というところで購入することができます。

 

「ビットコインの買い方」はおおまかな流れで説明すると

 

1、暗号資産取引所にアカウントを作成する
2、暗号資産取引所に日本円を入金する
3、ビットコインを購入する

 

という3ステップになります。

 

基本的には暗号資産取引所に口座がないとビットコインの売買ができないので、
ビットコインを購入したい場合、まず1番最初にやることが

 

暗号資産取引所に口座を開設する

 

ということになります。

 

暗号資産取引所(仮想通貨取引所)にアカウントを作成する

ビットコインを買う際、暗号資産取引所(仮想通貨取引所)に口座を持っていないという方はまずは「口座開設」を行います。

 

口座開設はまずは各社HP上からアカウントを作成、HP上の手順に従い名前、住所など必要な入力項目を入力していきます。

 

本人確認書類を提出し、申請が認められれば口座を開設することができます。

 

健康保険証で本人確認書類の提出ができる暗号資産取引所(仮想通貨取引所)

 

本人確認書類は、ネット上からアップロードでも可能ですし、郵送で行うこともできます。

 

口座開設が完了すれば日本円を入金すれば準備が完了。

 

ビットコインの購入自体はとても簡単にいつでもパソコンやスマホで取引できるようになります。

 

初めての方が「暗号資産(仮想通貨)は難しそう、面倒くさそう」と思ってしまうのが取引所の口座開設かと思いますが、実際には手続き自体は数分〜数十分程度でできてしまいますし、本人確認書類のアップロードさえ済ませてしまえば、審査や手続きで数日かかることもありますが、申請自体はそんなに面倒なものはありません。

 

取引所にアカウントをつくってしまえばあとは入金していつでも購入する準備が整います。

おすすめの暗号資産取引所は?

暗号資産取引所(仮想通貨取引所)は日本や海外を含めると数多くの取引所がありますが、はじめに開設するなら日本の大手仮想通貨取引所がおすすめです。

 

主な暗号資産取引所としては

 

ビットバンク
コインチェック
GMOコイン

 

などが有名です。

 

取引所はひとつのところに集中するのではなくいくつかの取引所での分散がおすすめなので、まずは2か所くらいから初めてみるのがいいかと思います。
取引所によっては使い勝手や使いやすさなど自分にあったところなどを見つけていくのがおすすめです。

 

現在、暗号資産取引所の申し込みには本人確認などで数日〜数週間かかる場合があります。
そのため、暗号資産取引を始めたいと思う方はまず1番最初にアカウント開設の手続きを行っておきましょう。

 

bitbank

暗号資産(仮想通貨)って何?メリットとは?

暗号資産(仮想通貨)とはその文字の現すとおり「仮想」=「バーチャル」の通貨です。
実物としての硬貨や紙幣はないデジタル通貨です。

 

暗号資産の特徴の1つは世界共通で使うことができるということ。
ビットコインなど仮想通貨には日本円などの法定通貨のように基本的には中央で管理するような機関がありません。
利用者同士が銀行などを介することなく、国境を超えて取引が可能なのです。

 

それぞれの国の通貨である円やドルなどに換金する必要もないため、スピードが速く手数料も安くすみます。
たとえばビットコインを使えば、海外旅行の時わざわざ日本円をその国のお金に交換しなくても買い物ができてしまいます。
また世界では日本のように、ほとんどの人が銀行口座やクレジットカードをもっているわけではありません。
そのような人も仮想通貨なら簡単に口座を開設し、手に入れることができるため重宝されているという現実があります。

 

実際に、暗号資産(仮想通貨)で支払いができるところが増えるなど仮想通貨はお金として日本のみならず世界中で使えるところが増えてきています。

 

暗号資産の価値はその通貨を欲しいと思う人が多ければ上がり、
いらない(売りたい)という人が増えれば下がります。

 

価格は常に変動しています。そのため、購入した価格よりも下がるというリスクがあることも忘れてはいけません。

 

仮想通貨には1000以上の種類がありその通貨により特徴が異なります。
その特徴を理解したうえで今後に期待できると判断したものにそれぞれ各自が投資していくことになります。

ビットコインとアルトコイン 〜 暗号資産(仮想通貨)の種類

暗号資産(仮想通貨)の基軸といえば「ビットコイン」ですが、
ビットコインは仮想通貨の一種であり、ビットコイン以外にも1000種類以上もあります。

 

ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)をアルトコインと言います。

 

アルトコインを含めると暗号資産(仮想通貨)はそれこそ数が1000種類以上もあると言われるほどですが日本で主に取引されているのか以下のアルトコインです。

 

主なアルトコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

リップル

ネム

リスク

ライトコイン

モナコイン

コインチェック